モバイルのインフラは進んでいますので

最近のインターネット業界は、モバイルインターネットも色々種類が出て、こちらの人気の高まりを感じます。

契約した住所でしか使う事が不可能な固定回線とは違い、非常に利便性の高さを感じる所ではあります。

ですが、モバイルだとどうしても、通信状態の信頼性が乏しいところはあります。

とは言え、モバイルのインフラは進んでいますので、インターネットを安定して楽しむ事が出来るようになりました。と言う事ですので、無線だからと言っても、不安定ではありません。

UQ WiMAXのサービスの醍醐味は、速度制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。

 

他社モバイルインターネットなら、通信制限が恐ろしくて映画など見てられません。出来る事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度視聴する位ではないでしょうか?一方、WiMAXなら堂々と映画が観れますし、24時間ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。

UQ WiMAXを手に入れると、WiMAX機器しか必要ないので、部屋がさっぱりします。(→UQ WiMAXのWiMAX 2+用のキャンペーン特典は商品券?!
光インターネットだと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をケーブルで結ぶ必要性があります。
モデムは月々レンタル料が必要で、月々の料金に追加課金されます。

 

また、モデムに無線カードを差し込むと言う方法もありますけど、無線カードを使用する月はレンタル料金を取られてしまいます。

電機屋にて、光回線に入りませんかと、店員さんに話をされました。既にWiMAXを使っている私ですし、言うまでもなく、光回線に対して必要性を感じていません。

と言う事で、断りの意思を伝えたのですが、考えてなかった返事を貰いました。

WiMAXって言えば、天候によって受信具合が左右されるでしょう?しかし、これまでの経験上、台風や強風でWiMAXが使えなくなるなんて事は一度足りともありませんでした。

 

台風の中でも、WiMAXへの何かしらの影響はありませんでした。
WiMAXの契約を行う際、料金プランを選択する必要があります。

 

プロバイダ毎に少し異なるものの、ざっくりと分けると2種類に分類する事が出来ます。
その料金プランは何かと言うと、通常プランと言う料金プランとギガ放題プランと言う料金プランです。

 

ギガ放題プランの場合は月額料金が高額だと言うデメリットはあるものの、月間通信量による速度制限の無い料金プランとなります。その点、通常プランは月額料金の負担が少ないものの、速度制限の規制が厳しいと言う点が気になる料金プランです。

 

自分が1ヵ月でどれくらいの通信を行なうか照らし合わせて、自分に合った料金プランを選びましょう。