大雨が降って停電になった日も

電器屋さんで、光回線の利用を始めないかと店員に声掛けをされました。

 

ただ、私はWiMAXユーザーですし、言うまでもなく、光回線の契約は考える余地も無いです。

店員にその旨を伝えると、想像してなかった返事が返って来ました。

WiMAXは、天気が荒れてる時の受信は落ちるでしょう?ですけれども、今までのWiMAXユーザーとしての経験上、天気が荒れる事でWiMAXが受信出来なくなるなんて経験はありません。
大雨が降って停電になった日もありましたが、WiMAXの受信具合が落ちたり等と言った経験は一度もありません。

 

WiMAXサービスを運用するプロバイダなんですけど、幾つか存在します。契約するプロバイダ単位でキャンペーンや契約内容が違いますので、そう言った部分で、留意する必要があります。(WiMAXを実際に運用してみて思う事より)

一例ですが、最も安心感のあるところとWiMAXの契約を行いたいと言うのならば、UQ WiMAXの一択になります。

 

この様に、契約したプロバイダで契約内容が異なるので、契約先選びはきちんと行なう様にしたいものです。

WiMAXの特性としては、インターネットへのアクセスを無線で行なう事が出来ると言う点にあります。無線ですし、好きな場所でインターネットを行なう事が出来ます。

それに合わせて、WiMAX端末は小型ですから、持ち運びに向いています。諸々の部分を考慮すると、タブレットと持ち運んで使用すると良いです。そう言う理由で、WiMAXプロバイダの中にはタブレットのプレゼントキャンペーンを行っているところもあります。
WiMAX通信を行なう事の出来る専用の端末は、いくつか種類があります。ラインナップされる新製品は次々と登場し、新技術が次々と導入されています。
例として、WiMAX端末の対応回線がWiMAX回線のみから、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線を選びながら使用可能です。他には、通信速度も年々速くなって来ています。
キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が採用された時も、通信速度が220Mbpsへと速くなりました。

WiMAXと言うネットサービスがありますけど、この通信サービスって、帯域の規制具合が多少余裕があって、そこがポイントとなります。

そう言う事で、一日中インターネットを行なう様なヘビーユーザーにすれば、一番お薦め出来るモバイルのインターネットサービスと言えます。7G制限が気がかりと言う方は、考えてみてはいかがでしょうか?