ブレーキの効きや走りアップ

車のタイヤというのはとても大切なもので、良し悪しによっては事故を回避できる場合もありますし、思わぬトラブルを招くこともあります。そのため、定期的にチェックしておくことをおすすめします。
まず、車に乗る前にタイヤのちゃんと溝が残っているのかどうかを調べておきたいです。これがあるのとないのとでは、ブレーキの効きや走りが断然違ってきます。見方は簡単で、タイヤを見ると溝の一部に突起があるのですが、これはスリップサインというもので、溝と同じ高さになっているのなら交換時期が来たといういうことを意味します。
また、空気圧というのも大切で、パンパンに入れてしまう人もいるのですが、タイヤの空気は多過ぎても少な過ぎても駄目なので、適正値に保っておきたいのですが、その数値は説明書や、ドアを開けたところにシールが貼ってあるので、一度確認しておくと良いです。ガソリンスタンドでも入れてもらえるので、給油のついでに見てもらうと安心です。参考:自動車保険会社について