公私混同はNGです

お堅い金融系の会社である我が社に、親会社から出向でやってきたA部長。

30代後半でバリバリと仕事をこなす姿は、大人の男として、とても魅力的でした。
そんなA部長がある日突然、親会社に呼び戻された上に、九州の田舎支社にとばされてしまうことになったのです。
人事異動の時期でもない時に、突然の異動。
社内はA部長の噂でもちきりになりました

実は、A部長、少し前に辞めた契約社員の事務スタッフと不倫関係にあったのです。
その女性とは、もともと行きつけの和歌山の夜のお店で知り合い、A部長が我が社の仕事を紹介して、自分の部下にしていました。
しかし、夜のお仕事しか経験のなかった彼女に昼間の仕事は難しかったようで、部内の方々からクレームがでていました。
部内の声を無視できなくなったA部長が彼女に注意したことから、不倫関係もこじれて別れることに。
同時に彼女は仕事も辞めてしまいました。
そこまでなら会社にバレずに済んだのに、彼女はこの顛末を自分の両親に告白しました。
そして、怒ったご両親から会社にヤミ金からクレームが入り、ことが明らかになってしまったのです。
男性のみなさん、公私混同はNGですよ。
命とりになりかねませんので、ご用心を!

和歌山闇金解決