元彼への愛情は小出しがいい?

元彼との復縁を心待ちしている貴女かもしれませんが、では元彼復縁に限らずですが、恋の相手に対して、『本当は好きだったのに』などといえない女性も多いと聞きます。

まして、そのとき感じていたことの半分も相手に伝えない場合も多いようですが、それは『こっちからの復縁要求であっては、私のプライドが許さない、夢中なのが知られたくない』とか『あまりに諦められない自分の感情が、相手を刺激しすぎて、復縁がママならない』などと考えていませんか?

しかし、復縁を心から思っている貴女に忠告『恋の小出し程度で、相手が納得する程度では、元彼の心は動かないでしょう』ということです。

例えが極端かもしれませんが、『小銭で高級車を買おうとしている』に近いと考えてください、美味しい料理を盛った皿を体の後ろに隠して、チラチラ見せるようです。

『私の愛情はこれくらいだけど、貴女からはもっと沢山頂戴ね』と言わんばかりにも聞こえます、そんな中途半端な言葉や愛情表現を喜ぶ元彼がいるでしょうか。

まして賢い、元彼ともなれば、もう何まったく縁切れとなるでしょう、女性の貴女が、行う行為はそのような半端なことではなく、もっと利口で集中した思いを使える業を編み出すことですね。