グルコサミンの副作用

グルコサミンの効果を実感できるには、ある程度の期間のみ続ける必要があるため、副作用はないのかと思う人もいるかもしれません。

実際、グルコサミンには副作用というものがあるのでしょうか。グルコサミンの副作用でまず言われているものには、便秘や下痢など消化器系のものがあります。グルコースと似ていることから、糖尿病を患っている人が飲みすぎると血糖値を上げてしまうという説もあります。けれども実際は、そう実例が報告されているわけではないようです。ただ糖尿病の人は、実際にグルコサミンを摂取するときには、医師に相談してからのほうがいいでしょう。ある調査によると、グルコサミンの副作用として胃痛、消化不良、吐き気や胸焼けがあった人が1割程度いたものの、どれも軽度だったようです。胃潰瘍のある人、それから妊娠中の人は、グルコサミンを摂取するのであれば、医師に相談してみたほうがいいかもしれません。できるだけグルコサミンを摂るときは、食事中や直後がいいでしょう。夜寄るブラ 店舗