運動不足の人は体臭が臭い

運動不足の方は基礎代謝が低く汗をかいたときに
ワキガ臭の原因となる汗を多く分泌してしまうようです。
普段汗をかかない方は汗をかいたときの性質が細菌の大好きなアルカリ性に偏ることが多く、
ニオイが発生しやすいようですね、
血液中にある刺激臭が汗と一緒に出てくることも原因の1つです。

血液中にある刺激臭は運動したときに作られる乳酸とアンモニアが仲が良く
一緒に汗として出てきます。
普段から運動や汗をかいている人は定期的に体内から排出しているので
量も少なくほとんど気にならない量なのですが、
運動不足の方は急に動くことによって乳酸が大量に作られてしまうようですね。

汗をかく習慣を日常に作るようにして臭いの原因を少なくすることが体臭改善のポイントですが、
運動した後の汗をそのまま放置すると汗が酸化してしまい、今度は加齢臭の原因に繋がります。
汗を拭き取ったり、シャワーをすぐに浴びるようにしてニオイケアをしていきましょう。

汗を拭き取るときのタオルは乾いているものよりも濡れているものがオススメです。
汗には体温を下げる働きがあるので水分が無くなってしまうと体内に熱がこもり、
また汗が出てきてしまいます。濡れたタオルを使うことによって体温調節もできるので
使う時は濡れているものが制汗も一緒にしてくれますよ!

体臭予防を考えている方は下のURLをクリック!
https://cieaneo.xyz