今でも就活では10年後の自分について聞かれるのだろうか

私が就活してたころは買手市場で学生は大変でした。その頃どうしても納得できなかった質問が、「10年後の自分はどうなっていると思いますか」でした。10年後のことなんてわかるかい!と思っちゃう私には、マニュアル通りの答えしかできず。ずいぶん面接で落とされたものです。その落とした企業のうち、かなり多くが10年後に消えてましたねw倒産もあれば吸収合併もあり。あの面接官たちのどれだけが、10年後自分の会社がなくなると想像できたでしょう。今は売手市場で就活の学生は引く手あまたのようですが、今でも面接で10年後の自分について聞かれたりするんですかね。まあ、どんな自分になりたいかとか、どういう仕事をしていきたいかぐらいならいいでしょうけど。10年後、20年後にはどうなっているなんてナンセンスな質問はやめたほうがいいでしょうね。思えばここ10年ぐらいで世の中相当変わりました。想定外のこともたくさん起こっています。常に予測不能な世の中で、臨機応変に生きていくことこそ重要だと思います。

さらに詳しい情報へ