バツニの中年男性の私でも結婚相談所で婚活して再婚できました

今年で、40歳の中年に突入する時、なんとか滑り込みで再婚することができました。

私は過去に離婚を2回しているので、新しい妻はバツニの私を選んでくれたと言うことになる。

自分ながら、相手の女性も物好きだと思ってしまう。

結婚相談所で離婚歴がある男性が意識したいポイント

世間ではバツイチは珍しくなくなってきている印象を受けます。

例え、男性に離婚歴があっても子供がいないのなら結婚相談所で婚活しているほとんどの女性は、初婚とバツイチの男性と同じ感じで付き合ってくれます。

しかし、同じ離婚歴を持つ子持ちの男性である場合の話は違ってきます。

男性が子持ちでバツイチの場合はよほどのことがない限り、子供は女性である奥さんと一緒に暮らしていることが多いのが現状です。

つまり、シングルファーザーの場合は女性が早くに亡くなったかよほどの理由があったのではないかと想像することでしょう。

それは女性だって知っています。

子供と一緒に住んでいるのかは別にして、あなたに子供がいるのかいないのかは結婚相談所で再婚のために婚活する上では非常に重要です。

しかし、いくら子供がいなくてももう1つ重要なことがあります。

バツイチとバツニの大きな違いとは?ト

下記のサイトでバツイチとバツニではかなり印象が変わってくるとここに書かれてありました。

バツイチとバツニ以上の印象の違いとは?

正直、ここに書かれていることは、一理あると思います。

2回目となると結婚相談所で婚活している時相手の女性の印象は違うと身をもって感じました。

いくら、自分では問題ないと思っても、女性からすると問題ありの男性に私の性格が映ってしまうようです。

自分を見直すことができたバツニ男性の婚活

結婚相談所に申し込んで1年間はそれなりに苦労した。

婚活を始めるにあたって最初にしたことは、自分の性格を見直すことから始まりました。

結婚相談所のアドバイザーの話をよく聞いて、婚活をスタートさせたことが成功の秘訣だったと思います。

過去2回の結婚生活で勉強不足だったことも見直すいい機会でもありました。

これで再婚できなくても自分を磨くこともできたのでよかったと思い始めてから、今の奥さんに出会い再婚することができたからです。