ある程度の揺れ

クルマは、ある程度の揺れを感じながら乗ってた方が感覚的には心地よいと感じるものです。ホンダの車はそれを感じさせてくれる車といえます。

例えば、オデッセイもそうですし、フィット、フリードなどもそのように感じさせます。そこにはホンダの人間工学に基づいた工夫がなされているからに違いありません。ホンダ車は不愉快に感じる振動が伝わることがないようにしています。程よく感じる振動を体に伝えることによって車酔いにならないように配慮を払っています。 シートにもこだわりを持っているのがよくわかります。運転席や助手席だけでなくセカンドシートにしてもサードシートにしてもゆったりと座ることができるように工夫がなされています。その結果、長時間ドライブをしたとしても窮屈に感じたり、足腰が痛くなったりするということがあまりありません。エンジンも魅力の一つと言えます。アクセルを踏んだ時のレスポンスが素晴らしく、スムーズに加速していきます。これは運転者にとって爽快さを感じさせる反応といえます。ホンダ車には数多くの魅力が詰まっています。創業者の本田宗一郎の精神が今でも受け継がれているということがよくわかります。プリウスの値引き