ジャニーズの人の強さ

最近ジャニーズの人が出ている番組を見ることが多いです。いつも思うのだけれど、アイドルの方ってなんであんなに精神的に強いのだろうと驚嘆してしまいます。昨日も滝沢秀明さんが出ている番組を見ていたら、彼が10代のジャニーズジュニアの頃にものすごく人気があって、120人もいる同世代の子たちの頂点に君臨していたと知りました。

その人気ゆえに周りのジュニアに嫉妬され、一人で悩み、孤立しながらも、その度量と手腕で最終的にジュニアだけでのコンサートを成功させていたんですね。それまでバックダンサーであるジュニアのコンサートはなかったそうで、前例もない中、難しい年ごろの男の子たちをまとめ上げるのは相当大変だっただろうと思うと、知らずのうちに胸が熱くなってしまいました。

小さなころから注目され、嫉妬やプレッシャーに耐え抜いて来たからこその強さなのかな、と思うと彼の今のあの落ち着きの理由が分かった気がしました。やはり、幼いうちに大人数で競争にもまれてきた人の強さってものすごいものがあるなぁ、私もその強さを見習いたいなぁ。

ちなみに、医薬品には飲み合わせがあるので、安易な併用は注意しなければならないそうです。とはいえ、タケプロンとロキソニンは相性がよい組み合わせなんだとか。くわしくは↓のサイトをみてくださいね。

http://xn--nckh1bf7d9c2ha7ce.xyz/

パソコンと言えばノートを使うことが多いんですけど、これがまた凄く熱くなるんですよ。冷却ボードを敷いてはいますが、まあ気休めって感じですかね。で、本体の下に二センチほどのボードがありまして、しかもちょっと傾斜がついているので、タイピング中は手首にも少し角度がつくんですよ。

この少しの角度が意外と負担になってたみたいで、いま結構痛いです。タイピングする度に痛みが走るくらいには痛いです。しかしキーボードを打てなくては仕事にならなくて、どうしようかと考えた結果、使って無かった外付けのキーボードを使うことに。

ノートパソコン本体のキーボードを使うから痛いんですよ。角度さえつかなければ大丈夫なのです。・・・けど、ノートパソコンに外付けキーボードを繋ぐって・・・なんかちょっと滑稽な光景ですね。