ブログには専門性を持たせよう!

「ブログを書くだけで儲ける」夢のようなお仕事です。
しかし、決して楽なことではありません。考えるべきことはたくさんあり、むしろ会社員よりも作業をしている時間は長いのです。
1か月間休みなし、毎日12時間作業。それくらい当たり前と言っていいでしょう。

それでもブログで稼いでいきたいのであれば、まずブログに『専門性』を持たせましょう。
まず、専門性を持たせる理由として2つ挙げられます。
一つは検索エンジンにやさしいこと。もう一つは検索ユーザーにやさしいことです。

専門性を持っているということは「そのブログはどんなブログか」「何について書かれてあるのか」検索エンジンにも伝わりやすくなります。
SEOにもなるのですね。
「なるほど、このブログはこれについてたくさん書かれてあるのか…じゃあ、このキーワードで上位表示させよう!」検索エンジンはそう考え、上位表示をさせてくれるのです。

また、専門性を持っていることで、検索してきてくれたユーザーにも非常にやさしいブログとなります。
例えば「ダイエット系のブログ」の場合、ダイエット方法や注意点、体験談などを書いていくブログにするのがいいでしょう。
そんな中「昆虫について」みたいな日記を書いたらどうですか…?
おそらく、だれも読みません。ダイエットについて調べに来たのに、昆虫のことを書いた記事があってもだれも見向きもしないでしょう。
そういったユーザー目線で考えても、ブログに専門性を持たせるのは重要と言えます。

しかし、専門性もあまりに狭くしてしまうと書くことがなくなってしまいます。
先ほどの例を挙げると…ダイエットの中でも「朝バナナダイエットについて」だけを深く掘り下げたらどうでしょうか?
おそらく、朝バナナダイエットについて詳しく知りたい人にはとても素晴らしいブログになると思います。
しかし、ただそれだけです。それ以外にヒットしなくなってしまうのです。
「人のためになるサイト」にはなりますが、極端に人の目に触れなくなってしまいます。
であれば、そこまで絞るのではなく「ダイエット」という大きなくくりのテーマを作り、その中で「朝バナナ」といった小テーマを作るといいでしょう。

また「家族」をテーマにブログを書くのも非常にいいと思います。
「家族と旅行に行った」「家族と一緒に遊んだ」
そういったことから『旅行』に関することや『趣味』に関することへも話を繋げていけますよね。
つまり、家族という大テーマはあるけれど、そこからの派生でいろいろなことが書けるんです。

ただし、注意が必要です。
「今日は~をした。楽しかった。」そんな小学生みたいなブログを書いてもだれもみてくれません。
見てくれるとしたら、親戚や友人くらいでしょう。
検索ユーザーは、そのブログを見て何を期待しているのかを考えましょう。
例えば、旅行に関してであれば「大阪から北海道まで旅行に行った。こういうルートで、これくらいの値段がかかった」そういったことまで詳細に書けば、ほかの人にも実りのあるブログになるでしょう。
「なるほど、大阪から北海道まではそれくらいの時間で、それくらいの金額で行けるのか」と。

専門性を持たせることはまず第一条件と考えましょう。
そして、稼ぐためのブログを作るなら「人のためになるブログ」を作ることが非常に重要となります。
今回の日記はこちらを参考にしました。→ネットでお仕事!-ブログライティング編-
是非是非ご覧ください。