一般常識が出る問題の範囲が広いので早いうちから準備が必要

就職活動をする時には、一次試験でよくある筆記試験の対策を立てておくことが大事です。就職試験で出題される一般常識問題の難しいところは、難易度はそれほど高くなくても、範囲がとても広いので、事前の準備が追いつかないことです。
事前に対策を立ててから就職活動をしようとしても、範囲が広すぎてなかなか終わらず、無駄な手間になってしまいます。時間がいるのは、一般常識が出る問題の範囲がとても広いためです。早いうちから準備を進めておくことが重要であるといえます。ちょっとニュースに関心がある人なら、誰でも知っているような内容を取り上げますので、問題の困難さはさほどではありません。それほど掘り下げて問題を問うわけではないのですが、とにかく広いのが特徴的です。解きにくさはさほど高いものではないですが、政治や経済、国際情勢など、広範囲にまたがる試験対象があるのが面倒です。それほど関門としては難しいものではないですが、ある程度は準備を済ませておくことが就職活動では大事です。どんな問題が出るのか、過去問を解いたり、経験者の話を聞くなどして、情報を集めましょう。教科書に載っているような一般常識の問題だけでなく、時事問題が出ることも珍しくありません。過去に出た就職活動時の一般常識問題や、時事問題について、わかりやすく解説入りでまとめられている参考書もあります。昔の問題はますます古びていき、新たな問題が次々と登場することが時事問題勉強の難しいところであり、テレビやニュースを見る必要があります。