ロングパットで大切なのは距離感

ロングパットでいちばん大切なのは距離感で、狙った距離をしっかり打てるかどうかがカギになってきます。

問題は”しっかり”の打ち方で、それにはグリップをゆるく握って、ヘッドの重さを利用したほうがいいんです。
グリップをしっかり握り、振り幅を大きくすることで長い距離を打とうとすると、どうしてもストロークがぎくしやくしてしまうもの。
一方、ショートパットは、パターのフェイスをターゲットに対してスクエアに保ったままストロークしなければいけません。
怖いのは”緩み”ですが、緩まないようにするためには、グリップをしっかり握り、なおかつ手首の角度を固定して、両肩でストロークする事が大事。
ショットの場合、グリップをしっかり握るとへッドが走らなくなりますが、ショートパットの場合はそれでいいんです。
じつは、グリップを握る強さを変えるのは、距離に応じてというだけでなく、傾斜に応じて変えるというプロゴルファーもいるんですね。
つまり、上りのパットは”しっかり”打たなければならないから、グリップをゆるめに握って、ヘッドの重さを効かせる。
反対に、下りのパットは、グリップをしっかり握ることによって、ヘッドの重さが効かないようにする。
その結果、タッチは自然にソフトになり、ボールの転がりがコントロールできるというわけです。

パター/ライ角の調整