腰の痛みを和らげる方法

リハビリのお仕事をしていた時に、横になっている患者様へ中腰になってケアをしたりする事が多く、最初はとても腰が痛くなり、体がきつかったです。

私の前任者の方も、整体に通ってらしたようで、一緒に働いている同僚も、みんなと言っていいほど、腰痛持ちでした。職業病だから仕方ないかなと思いながらも、腰の痛みに耐えられず、私も整体通いになりました。

その時の施術者から、毎日のお風呂で、湯船に浸かる事が、いちばん腰痛のケアになると聞き、それから、意識して湯船に浸かるようにしました。そこの整体院で、マッサージするときに使う、酸素が入ったマッサージオイルが売っており、それも購入して家でやってみました。すると、腰の痛みもなくなり、整体通いも1、2回で大丈夫でした。後、本で見たんですが、眠った状態で、テニスボールを腰にあて、マッサージするといいようなので、そういうのも自宅ケアで取り入れてやってみました。脊柱管狭窄症

夜、仕事が終わり今日は腰の痛みがあるという時に、お風呂で湯船に浸かり、テニスボールを腰にあてマッサージします。テニスボールは、固くて体の重みで筋肉を刺激し、とても痛いのですが、しばらく続けると、不思議なことに痛みが和らいできます。

凝っていた筋肉が、柔らかくなったからかもしれません。その後に、酸素の入ったマッサージオイルを塗ると、翌日は全然痛みが残りません。元々、腰痛がなかったので、この仕事をきっかけにみんなのように腰痛持ちになってしまうのではにないかと心配していましたが、大丈夫でした、リハビリに来られる患者様は、やはり腰痛から足の痛みへと移ったりとされてるので、姿勢なども気をつけながら、腰痛対策は続けていこうと思います。