鉄道模型の起源

鉄道模型は本物の鉄道を建設する際の宣伝品として19世紀初頭のイギリスで開発されたのが最初だといわれています。その後1853年、ロシアのプチャーチン来航時や、1854年ペリー来航時に、役人の前で模型蒸気機関車の走行を実演したのが日本における鉄道模型の始まりと思われます。

1891年、ドイツのメルクリン社が、それまでばらばらであった車輪幅に対して1番ゲージや2番ゲージなどの統一的な規格を制定し、1922年にイギリスのビング社がそれまで主流であったOゲージの半分の大きさであるOOゲージを開発。後に、このゲージはHOゲージと改称され現在でも海外においては主流ゲージとして存在していることになります。日本では、50mmゲージや35mmゲージが開発されていたとのことです。1965年、関水金属(KATO)によってプラスチック製車輌や線路が発売され日本製のNゲージが、国土面積の小さな日本においても省スペースで鉄道模型を楽しむことができる規格として市場に流通することとなったのです。
>>趣味 鉄道模型 レイアウト