生理痛と子宮の病気

生理(月経)は、健康な女性であれば誰でも経験することです。

生理には生理痛がついてきます。

生理痛とは、生理中や生理の前後に起きる不快な症状のことです。

生理痛を感じない人もいれば、生理痛がひどくて日常生活に影響が出る人もいます。

痛みの種類も、腹痛だったり頭痛だったり腰痛だったり、中にはイライラが抑えられない場合もあります。

そもそも、なぜ生理痛が起きるのでしょうか?
生理痛の原因の1つに子宮の病気があります。

子宮内膜症や子宮筋腫の場合がこれにあたります。

子宮内膜症を持っていると年齢を重ねるごとに痛みが激しくなります。

子宮筋腫があると、生理時の出血量が多く激しい生理痛を伴います。

その他の原因には、出血困難があります。

初潮が来てまもない女の子や出産を経験していない女性は、生理時に血がスムーズに出せない場合があります。

これは病気が原因ではありません。

子宮頚管がまだ細いためで、子宮の中で増殖して厚くなった内膜を体外に出そうとする時に痛みを伴います。

身体が成長や出産を経験することで子宮頚管が広がり、改善されていきます。

VIO脱毛って、本当に必要?

ホルモンバランスも生理痛の原因だと考えられます。

生理とは、妊娠の準備のために厚くなった子宮内膜が妊娠不成立のために不要になり体外に排出するという現象です。

この時、子宮収縮ホルモンが分泌され子宮を収縮させて内膜を体外に出します。

この子宮収縮ホルモンの量が過剰になると、子宮の収縮が大きく起こり痛みを引き起こします。

ホルモンバランスが乱れると生理痛だけでなく不正出血が起きることがありますので、体調管理をしっかりと行いましょう。