2008年2月22日、日本で待ちに待った新型フィアット500が発表されました。3月15日から販売がスタートします。今回販売するのは「フィアット500 1.2 8V ラウンジ」で、車両本体の希望小売価格(消費税込み)は225万円。エンジンは1240ccの直列4気筒SOHC8バルブで、最高出力51 kW(69ps)/5500rpm、最大トルク102Nm(10.4kgm)/3000rpmを発生する。ガソリンは無鉛ハイオク仕様になっています。でも、本当のところくぽーつカーとして私が一番大好きな車はドイツ車のポルシェなのです。ポルシェはコンパクトなデザインの車が多いので日本の狭い道路環境でも快適な走りをしてくれるからです。しかし、ポルシェの新車はとても高価なので私が飼うことは不可能なので中古車でいいのはないかどうかいろいろと探し回りましたが、満足できるような状態の車を見つけることはできませんでした。いくら名車のポルシェとは言えやはり中古車ではかなり故障が多くなってくるので、時事日が高くついてしまうのです。

大名の路地で戯れるストロングな子供