今やお葬式のタイプもいろいろ

一般的な葬儀と言えば、故人の宗派が関係し、また人を招くのか、招かないのかなどの問題だけのように思われますが、最近では葬儀と一言で言っても、色々な種類のお葬式の形が存在します。
まず一般的なお葬式と言えば、故人の宗派の元、家族で行ったり、参列者を呼んでの葬式になります。この中にも、家族や親しい者だけで葬式を行う「家族葬」や、会社の社長や会長といった偉い方が亡くなった場合には、「社葬」と言って会社が主催者となり行われる葬式もあります。また、会社と遺族が合同して行う葬式を「合同葬」と言います。これらには多くの場合、宗派が関係しており、日本の代表的な仏式葬儀や、キリスト教葬儀、神式葬儀などがあり、宗派により形式は多少異なります。そして、近年増えてきているのが以下のような葬式です。
まずは自由葬と言って、宗派を問わず、故人が好きであった音楽を流したり、映像や光の演出などこれまでの葬儀の概念を覆すような形式の葬式です。これは故人の好きなもので、魂を供養することを第一に考えた新しいタイプのお葬式です。また、これに近い形ではお別れ会といった簡単な会のお葬式もあります。ホテルなどの会場を借りて、料理などを食べながら故人を偲ぶ会です。そして次に近年人気を集めているのが自然葬です。自然葬の中には海に遺骨を粉状にしたものをばらまく散骨や、樹木の元にまく樹木葬など、遺骨を自然に返して、自然界に再生させるという意味の葬式スタイルです。
これは簡素でありなから、遺された遺族の負担が少ないということもあり、近年では大変急増してきている葬式のタイプです。また珍しいものでは、「生前葬」というものがあり、まだ生きている間にお葬式をあげるというものもあります。これは日本の考え方からすると少し考えにくいところがありますから、あまり浸透してはいませんが、「死人に口なし」と言いますから、生きている間に、お世話になった方に感謝の気持ちを伝えたり、家族に遺したい言葉などを伝えることの出来るお葬式です。
このようにお葬式と言っても、幅広い種類のお葬式が存在しますから、参列する方もそれぞれに対して知識をつけておくべきです。しかし大切なのは形式ではなく、気持ちの問題ですから、あまり形だけにこだわらずに、しっかりと供養できるようにしましょう
ラヴォーグ 池袋