昔ピアノを習っていました。

ピアノは非常に音が大きく、音域も低音から高音まで幅広い楽器です。

近隣への影響を考えると、できれば元々の防音性能が高い部屋に防音室を作ったほうが良いでしょう。
特に、隣家と壁が接近しているような部屋への防音工事や防音室の設置は注意が必要です。
また、ピアノは床への振動が強いため、床の振動対策もかなり重要になります。
一般に防音に強い鉄筋コンクリートも振動は伝わりやすいため、近隣に響いてしまうこともありえます。
ピアノの防音室の床はやわらかい素材を選びましょう。

振動を吸収するインシュレーターをピアノの足に取り付けたり、防振マットを敷いたりするのも効果的です。
振動への対策でピアノの防音はかなり変ってきます。
またピアノは知ってのとおり非常に大きく、重量のある楽器です。

特にグランドピアノは防音室も相当の広さが必要で、重量も非常に重く、移動が困難です。
このため、事前にピアノの運搬についての打ち合わせが重要で、段取りよくおこなわないと防音工事も数日延びる可能性があります。
防音室と一緒にピアノを購入する時はスムーズに搬入できるよう注意してください。
ピアノ防音室を作る場合は、防音業者さんとよく相談して工事をおこなうのが良いです。

また、ピアノはデリケートな楽器ですから、動かす時に音が狂う事もあります、防音室の設置後は一度調律すると良いでしょう。
後からピアノを動かすのも大変なので、防音室内に棚などを作る際などは、ピアノを弾いていて邪魔にならないか、といった事も注意しておきましょう。

ホットヨガ 梅田