食事療法による減量の方法

減量のために食事療法をしなければならないことがあります。肥満度の高い人ほど、長期の食事療法が必要になります。肝臓疾患や心疾患がある人が食事療法を行う場合、医師とよく相談しなければなりません。食事療法による減量にもいくつか種類があります。ひとつは減食療法という食事療法です。一日の摂取カロリー量が1200~1800kcalになるように、普通食をやや糖尿病食寄りのメニューにすることで調整します。よりカロリーを下げるには、低エネルギー食になります。1日600kal~1200kalの食事になりますが、これは相当大変なものです。周囲の人や、家族の協力がなければ続けることはできません。ビタミン剤でビタミン不足を補う必要があります。アルコールは摂取できませんし、砂糖や油脂量も限定されます。肥満体型の人が食事療法をしっかり行うことで、10㎏の減量効果が期待できるといいます。もっとカロリーを抑える食事療法である超低エネルギー食による減量方法もあります。専門的な知識を持たないような人が、超低エネルギー食をつくることはできません。医師の指導のもと、管理栄養士が栄養指導をしながらそれぞりの人に見合った減量方法を提示します。健康を阻害しかねないほど肥満度が高いという人は、医師の診断を受けた上で適切な食事療法を行い、目標体重までの減量を目指してみてはどうでしょう。
脱毛ラボの料金プランの最新情報 魅力の料金プランのポイントを解説