疲労回復は少ない休息でできる

もともと私たちの心身は、疲れたら回復し、病気やケガになれば治ろうとするようにできています。例として、山歩きをしていて疲れて、もう歩けないと思っても、座って一休みすれば、また、元気に歩けるようになります。また、風邪や切り傷などはよほどのことがない限り、薬の力を借りたとしても、体に備わっている自然治癒力によって、もとの健康な状態に戻っていきます。その修復する力を最大限に引き出すためには、体が必要としているタイミングで、しっかり「休む」ことが重要です。体をの修復を促す成長ホルモンは自律神経がリラックス(副交感神経系)に働いてないと分泌できません。そのため、ずっと活動モードになっていたり、睡眠不足が続いていると、いつまでも疲れが抜けなかったり、風邪をこじらせて悪化させてしまったりするのです。本来、自分の感覚を大切にしていれば、、休息のタイミングを逃すことはありません。しかし、つい何かに一生懸命になっていると、「疲れのサイン」「不調のサイン」を見逃しがちになります http://www.bonsvicius.net/ 

評判がよかった

8年前に購入した炊飯器の底が割れてしまいました。ご飯を炊いている途中で蓋が開いてしまい、とても危ないような状態になりました。それで急いで家電量販店に行き、いろいろと見て回ることにしました。 Read more