歯科医のケア

どうにもならない虫歯で、ついに歯を抜かなければならなくなりました。ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、自分の気持ちが固まりました。かなりな費用がかかるデメリットはありますが、しっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん自分の歯と同じように噛めたので歯医者さんに言われ立とおりだと思いました。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

今では、どこで手術を受けても耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから埋入手術を初めるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともにだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めとともに、痛みどめも処方されていますので激しい痛みが長くつづくことはあまりありません。

高額なインプラントは、一体何年くらい持つのかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが多くの意見です。

沿うだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうと思って下さい。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。アトは、治療が失敗し立とき、健康被害が起きると、かなり深刻化するリスクも背負っています。

まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。
掛川市のくりた歯科/矯正歯科は、ただ今透明なマウスピース矯正(インビザライン)をしています。65万円(税別)。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は無視できないものがあります。